« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月26日 (土)

へらぶな14-20回目(桜ヶ池 T桟橋)

先週の反省会の為,桜ヶ池へ。
朝から気温が高く8時頃なのに車内は35度over。かなりヤバイです。
現地9時頃着。いつものメンツで 漫才へら。。。ではなく
最初からまじめに エサ作りの研究。M社のエサのタッチをB社で再現。。
ちょっとエサの配合間違え モフモフなタッチで麩が立つどころか 生麩!?
ってな感じになったり試行錯誤も楽しいですup
午前の釣りは9尺チョウチンWD、8尺メータWD。
どちらもウキはPCでエサ落ちは重めのハリつけたら2、3メモリ出しぐらい。
手水と麩の生ざしで調整しウキ沈没間際にアタリがでるよう調整。
なんか 今日は へらぶな釣りしてるな~って感じ。。。w
昼からメータセットをやるも かなりイマイチ。
デカバラケ打つと魚はよれども遠巻き。 ダンゴタッチにもっていくとダンゴ喰ってきて
”ウドン!? そんなもんは飾りです!エロい人にはわからんのです”状態。
そんな感じで15時まで。。
楽しかったですnote
*************************************
7/26(sun)日差し強し
場所:桜(T桟橋)
釣り方:
   ①9尺(凛刀)チョウチンWD
     道糸1.25号、ハリス上0.5(40cm)角6号
             下0.5(50cm) 角6号
     ウキ:季ロングPC(B6)
時間帯:9:30~12:00
エサ :ライトなペレ宙←マッチで調整
釣果 :5枚+α
--
   ②8尺(凛刀)メータWD
     道糸1号、ハリス上0.6(18cm)角5号
              下0.6(25cm)角5号
     ウキ:季浅ダナPC(B6)
時間帯:  12:30~15:00
エサ :ライトなペレ宙←マッチで調整
釣果 :5枚+α
一言 :猛暑日!
*******************************************
①        ②        ③
3 2 1①景色サイコー
②3年ぶりに魔法の粉開封w
③あ~ 暑い。。。

| | コメント (0)

2014年7月21日 (月)

へらぶな14-19回目(ひょうたん池 新潟)

ひさしぶに更新。
釣りしてなかったわけではありません。
単に書き込みをさぼっていただけ。別途 書き込み予定(時期未定w)
ひさしぶりに管理池遠征。projectDで行ってきた。
初のメータ規定のある池。。 なんとかなるっしょ!っと思っていたが
なんともならんかったです(汗
修行不足を痛感した遠征となりました。
クラブ04新潟の皆様お世話になりましたshine
(第1回伊丹大あいカップ)
 池到着時は 晴れていたが だんだん西から雨雲。。。そして雷!
 どうなってしまうんや!? と思っていたが池のテントを使用して
 試合開始。
 まわりはメータのタナですがメータ規定の勝手がわからんので8尺チョウチンWDで
 様子見。。。
 ウワズリ傾向&寄せ負けしているのか反応はイマイチ。。。
 エサがあっていないのかなんなのかわからず。。。
 その後メータセット、ヒゲとやるも どれもしっくりせず。。。
 よくわからんまま終了down
 メータ規定。。。なかなか考えさせられますね。。
 日頃 表層の魚を狙うか 魚の薄いとこで長ハリスで食わすかという釣り
 しかしていなかったので 魚影が濃く沸いているなかメータにタナ作って
 芯を喰わす。。。 持たせる&喰わせるのバランスが難しいです。
 よい刺激になった遠征でした~note
*************************************
7/19(rain
場所:ひょうたん池
釣り方:
   ①8尺(凛刀)チョウチンWD
     道糸1号、ハリス上0.5(25cm)角6号
             下0.5(30cm)角6号
     ウキ:天眼通(竹脚)
時間帯:10:15~15:00
エサ :ペレ宙
--
   ②8尺(凛刀)浅ダナセット
     道糸0.8号、ハリス上0.6(7cm)カイト7号
              下0.35(30~35cm)イブキ3号
     ウキ:りきやF(B5)
時間帯:  12:30~15:00
エサ :B+ミッド+顆粒+水+激バラ
    リッキーハード
釣果 :11.6kg
一言 :なに! ハリス長かったんか!
*******************************************
①         ②       ③
1_2 3 2①この池のテントいぃ
②お世話になりました
③ホテルのロビーにて

| | コメント (4)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »